優待品をもらうには

株主優待をもらうには、「権利確定日」にその企業の株式を保有しているか、していないかで決まります。「権利確定日」とは、株式を保有することによって株主が得られる権利(例えば配当金や優待品をもらえるなど)が確定する日のことです。この「権利確定日」は企業によって異なりますが、企業の決算月である3月・9月が多いようです。

 

簡単に言えば、この「権利確定日」にその企業の株主名簿に名前が載っていれば優待品を受け取ることができるということです。株の保有期間は関係ないので、極端な話、この「権利確定日」一日だけ株主であれば優待品を受け取ることができるのです。

 

ただし、株式は買付してから受け渡されるまで3営業日かかるため注意が必要です。実際には権利確定日の3営業日前までに株式を買付し、保有していなければなりません。たとえば、30日が権利確定日の場合27日までに買付しなければこの権利は得られません。(土日は非営業日とします)
また、株式の購入に必要な最低取引単位を「単元」と呼びますが、銘柄によって1株、100株、1000株のように決まっています。1単元の株数は株式を発行する企業が自由に定めることができるのです。

 

例えば、ある企業の1単元が100株の場合、1株では購入できません。最低100株からの取引となります。優待も1単元でもらえる銘柄が多いのですが、なかには優待対象を1単元ではなくハードルを上げ3単元などとしている企業もあるので事前のチェックが必要です。

 

私はどうしてもある企業の株主になりたくて当時借金して株を購入したことがあります。

借金しても買ってよかったと思います。そのとき参考にしたサイト→即日融資でお金を借りる※無職OKのカードローンはコチラ

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り