‘未分類’ カテゴリー

おすすめの株主優待銘柄

コストパフォーマンスが高く主婦に嬉しい株主優待3銘柄をご紹介します。

食品メーカー大手の「カゴメ」です。長期に渡って値上げがなかったトマトケチャップが、原料のトマトの高騰で最近値上げに踏みきったことも話題になりました。

 

100株保有していると1000円相当のカゴメ製品詰め合わせが届きます。「野菜生活」のようなジュースや新製品、食卓を彩る商品が入っていて箱を開くときのワクワク感が主婦にとっては嬉しいセットです。

 

また、株主限定の「食卓から家族の健康応援!セミナー」が毎年全国数カ所で行われており、新商品などのモニターになったり、社員との対話を通して企業との交流することができるのも魅力です。

次に100均のなかでもおしゃれな小物が多いと評判の「キャンドウ」です。100株以上の保有で優待券20枚 (2,000円+税相当分)がもらえます。

 

woman2また店舗が近くにない方のために優待券に代えて自社商品10点に変更可という配慮もあります。台所や日用品の消耗品は100均で購入する主婦の方も多いと思います。100均で節約、優待券で更に節約、主婦のお財布に優しい優待です。

 

 

最後に、度重なる不祥事で株価は下がっていますが「マクドナルド」は根強い人気です。全国各地に店舗を持ち、子供を気軽に連れて入れる外食産業のお店として主婦にとっては心強い味方です。

 

100株保有で年に2回、バーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1冊になったシート6枚をもらえます。また、この無料引換券は金券ショップに持っていけば現金に換金できるので、そのお金で自分の好みの外食を楽しむこともできます。

人気の株主優待銘柄

株主優待ランキングなどで常に上位にランクされる「コロワイド」は、大手居酒屋チェーンなどを運営している会社です。「牛角」や「温野菜」などを展開するレインズインターナショナルも傘下に収めています。店舗は全国に1000店舗を超え、近年M&Aを積極的に行い、海外進出も推し進めているので成長性のある企業です。

 

500株以上の保有で1回につき1万円相当のご優待お食事ポイントが年に4回もらえるので4万円相当になります。このポイントはコロワイドグループ全店で利用できるので大変使いやすくまたお得感もあるのが人気の秘密です。

 

国内線ではJALを抜いて首位、国際線では2位の日本を代表する大手航空会社「ANAホールディングス」も人気の銘柄です。株主優待として片道1区間の普通運賃が50%になる割引券があり保有株数によって枚数が決まります。

 

GW・年末年始などにも空席があれば使用できるので、帰省先が遠方の方にとっては貴重な割引券です。また、使う予定のないは他人に譲ることもできますし、金券ショップやオークションでも人気があるので換金することもできます。この割引券のほかにANAグループ・提携ホテルの優待券なども年に2回送られてきます。

総合スーパー、専門店などを全国展開する「イオン」もまたランキングでは常に上位に位置します。イオンの株主優待は少し特殊で、保有株数と買物した金額に応じて、半年後にキャッシュバックがあります。例えば100株保有、半年間で10万円使えば、3,000円がキャッシュバックになります。

1,000株以上保有、3年以上継続保有すると上記に加え、イオンギフトカードが年1回進呈されます。また、毎月20・30日のお客様感謝デーは支払い時5%オフの特典もあるので主婦にとって人気の優待銘柄になっています。

株主優待のお得な買い方

届いて嬉しい株主優待品ですが、主婦にとって更にお得に感じる買い方があります。それは、家族ひとりひとりの名義別に株売買の基本単位である1単元ずつ買う方法です。株主優待品は1単元でもらえることが多いですが、2単元保有していても優待品が倍になるとは限りません。
例えばキューピーの自社製品詰め合わせセットですが、1単元(100株)で1000円相当の商品が届きます。しかし一人で2単元(200株)保有しているからといって2セット届くわけではないのです。もし夫婦でそれぞれ1単元ずつ保有していれば1つずつ届くので合計2セットもらうことができます。

 

子供が未成年であってもネット証券によっては口座を開くことができるところもあります。家族の人数により優待を2倍、3倍獲得することは可能になります。

また保有期間に応じて優待内容がアップする銘柄があります。ビックカメラは1年以上2年未満継続保有(100株以上)の株主にお買物優待券(1,000円券×1枚)を1枚追加という制度があります。

 

woman3人気のディズニーランドを経営するオリエンタルランドは通常の優待券とは別に東京ディズニーリゾート35周年(2018年9月末)を記念して2015年9月末~2018年9月末まで3年間継続して100株以上保有者にこの優待券を2枚追加するとのことです。

 

また、40周年(2023年9月末)を記念して2018年9月末~2023年9月末まで5年間継続100株以上保有者には優待券4枚追加するとのことです。

 

このように株主優待も詳細を調べてみるとお得感満載です。もちろん、このような情報は随時変わっているので確実な情報を得るようにしましょう。

株主優待銘柄の探し方

優待銘柄の探し方として便利なのが、インターネットを使っての株主優待検索です。例えば、Yahooファイナンスの株主優待検索ページでは、優待のジャンル(飲食料品、食事割引券、プリペードカードなど希望する優待の種類)、権利確定月、最低投資金額などを指定すると、条件にあてはまる銘柄を最低投資金額順に表示してくれます。

 

また、アクセス順や配当利回り順に並べ替えることも可能です。興味を持った企業の名前をクリックすると、優待商品の詳しい説明画面が現れます。

ネット証券に口座を持っている方は、その証券会社の株主優待検索を使うとYahooファイナンスの検索ページと同様に指定した条件にあてはまる銘柄を絞り出してくれますが、優待品の写真などを確認できる場合もあるので、より具体的なイメージが湧きやすいと思います。
また、株主優待銘柄の人気ランキングで上位に位置するニーズの高い銘柄を探すという方法もあります。投資金額によって検索でき、「家族で楽しめる」「家計にやさしい」などテーマ別になっているものもあるので、自分の目的に合わせて探してみましょう。

ただし、株主優待ばかりに気を取られていて本来の企業のリサーチを怠っていると本末転倒になります。株式投資の基本は株価の値上がりによる利益の確保です。株主優待だけで判断して購入した企業の株価が下落してしまい、結局は収益がマイナスになってしまえば意味がありません。あくまでも株主優待は「おまけ」と考えた方が良いでしょう。

優待品をもらうには

株主優待をもらうには、「権利確定日」にその企業の株式を保有しているか、していないかで決まります。「権利確定日」とは、株式を保有することによって株主が得られる権利(例えば配当金や優待品をもらえるなど)が確定する日のことです。この「権利確定日」は企業によって異なりますが、企業の決算月である3月・9月が多いようです。

 

簡単に言えば、この「権利確定日」にその企業の株主名簿に名前が載っていれば優待品を受け取ることができるということです。株の保有期間は関係ないので、極端な話、この「権利確定日」一日だけ株主であれば優待品を受け取ることができるのです。

 

ただし、株式は買付してから受け渡されるまで3営業日かかるため注意が必要です。実際には権利確定日の3営業日前までに株式を買付し、保有していなければなりません。たとえば、30日が権利確定日の場合27日までに買付しなければこの権利は得られません。(土日は非営業日とします)
また、株式の購入に必要な最低取引単位を「単元」と呼びますが、銘柄によって1株、100株、1000株のように決まっています。1単元の株数は株式を発行する企業が自由に定めることができるのです。

 

例えば、ある企業の1単元が100株の場合、1株では購入できません。最低100株からの取引となります。優待も1単元でもらえる銘柄が多いのですが、なかには優待対象を1単元ではなくハードルを上げ3単元などとしている企業もあるので事前のチェックが必要です。

 

私はどうしてもある企業の株主になりたくて当時借金して株を購入したことがあります。

借金しても買ってよかったと思います。そのとき参考にしたサイト→即日融資でお金を借りる※無職OKのカードローンはコチラ

カテゴリー
お気に入り